【通販会員様だけの特別感謝セール】11+1キャンペーン

語り継がれる話「海から豚がやってきた」とは

戦後の沖縄では、生き残った人々の生活も過酷だったようです。
食べることもままならなかったことでしょう。
そんなウチナンチュー(沖縄人)を助けようとした人たちがいます。

それは、ハワイへ移民していたウチナンチューです。
沖縄の惨状を聞いたウチナンチュー達は、寄付金を募り、豚を550頭購入、
そして届けにきました。

豚は、食料になるのはもちろん、産業復興に役立つと考えたからでした。

途中、嵐に襲われたり危険な目にあったそうですが、3週間後に無事沖縄に着きました。
それが、ここうるま市勝連のホワイトビーチです。

その550頭は、人口に応じてそれぞれの市町村に配分され、養豚業が復活したようです。

【平敷屋公園 記念銘板前にて】

4+

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする