沖縄宝島より新年のご挨拶

菩提樹の分け樹

糸満市にある「沖縄菩提樹苑」には、その名のとおり菩提樹の樹があります。
この立派な建物から、ちらっと見えるのがそれです。

ブッタは、菩提樹の樹の下で、悟りを開いたと言われています。
その菩提樹の分け樹が、なんと沖縄にあるんです。

インドから国外に持ち出されたのは、紀元前3世紀 アショーカ王の皇女サンガミッタが
ブッタガヤからセイロン(スリランカ)に持ち出された以降なかったそうです。

沖縄県南部は、沖縄戦で大きな被害に遭いました。
その南部に貴重な菩提樹の樹が植樹されたのは、二度とこのようなことがおこらないよう
恒久平和のメッセージを込めてのことです。

菩提樹の前には、ペットボトルに入った水が置かれてあって
「ガンジス河」等、記載されています。

ダライ・ラマ14世は、2度来沖されています。
その時の足跡石碑もありました。

9+

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする