【通販会員様だけの特別感謝セール】11+1キャンペーン

昔ここは海だった

歩いていると、ここって昔、海だった?
と思えるところがあります。
ここがまさにそう!

公園の中に入っていくと、大きな岩がいくつか無造作にあります。
アート?
ちょっと違うかも・・・

ここは、那覇市若狭「夫婦瀬(みーとぅじ)公園」です。
市営住宅や、一戸建ての立ち並ぶ場所で、若狭公園の近く。
ちっちゃな公園で駐車場もないので、ご近所さんじゃないと知らないかもしれません。

昔、那覇は浮島でした。
久米、辻あたりは陸地だったけれど、それ以外は埋め立てたところが多くあります。
この夫婦瀬公園付近も埋め立てられたところです。
先程の岩は、かつて海だったことを物語るかのように、下部分が削られたようになっています。

このあたりの岩「夫婦岩」伝説のお話をします。
むかしむかし、ある夫婦がいました。
この夫婦はとても仲が悪く、それを心配したそれぞれの両親が、あることを思いつきました。
それは。。。

みんなで船に乗って出掛けました。
大きな岩に着くと、この夫婦だけ残して帰ってしまったのです。
どんなに大声で叫んでも、戻ってきてはくれませんでした。
日は暮れてきて、夜になると寒さで震えてきます。
そんな妻を見ていた夫は、自分の着ているものを差し出しました。
夫の優しさに気づいた妻は、心を入れ替えて、それからは仲良く暮らしたとさ。
めでたし めでたし。

この話、どこかで聞いたことあるって方。
そうです。名護にも似たような伝説があります。
沖縄各地に、このような話があるんです。
そんなに、どこの夫婦も仲悪かったんですかね。

約300年前の那覇の様子を見ると、なんと「夫婦岩」があるじゃないですか!!!
いくつかあったけど、どの岩だったんでしょうか。



5+

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする