那覇の街角に、なにげなく目をやると趣のあるエリアがあります。
石門と「天妃宮跡(てんぴぐうあと)」と書かれた石碑がある。

中国福建省に、まそという女性がいました。
この女性は、吉兆を占う能力があり崇められていたそうです。
まそは死後、航海の安全を守る神さまとして信じられ、当時の皇帝から「天妃」と名付けられたんだとか。

その「航海の安全を守る天妃」は琉球に伝わってきました。
かつては、「上天妃宮」と「下天妃宮」というふたつの天妃宮(廟)があったようですが、今 残っているのは「上天妃宮」の跡地のみ。

「天妃」といえば 「天妃小学校」「天妃そば」と名称が残っているのもありますね。
那覇の三大まんじゅうとして 有名な「天妃前まんじゅう(てんぴぬめー まんじゅう)」は、天妃宮の市場で、おまんじゅうを販売していたからだそうです。

※ 那覇三大まんじゅう
   山城(やまぐすく)まんじゅう
   ぎぼまんじゅう
   天妃前(てんぴぬめー)まんじゅう

9+

コメント

コメントを残す