今、とても楽しみにしていること。
今月末におこなわれる現代版組踊「肝高の阿麻和利」を観に行くことです。

現代版組踊とは、琉球王国時代から伝わる「組踊(※1)」を現代風にアレンジしたもので、
地元うるま市の中高生たちが、勝連グスクの城主「阿麻和利」の半生を演じます。

ダンスがあったりと、ミュージカルさながら。
前に観に行ったときは、中高生の熱い演技に感動して、涙腺ゆるみっぱなしでした。

コロナ禍の影響で、資金的に厳しく、この卒業公演は、クラウドファンディングに挑戦してるとのこと。
私が購入したチケットは、もちろんこのクラウドファンディングから。

ただ、目標額達成しないと、予約は自動的にキャンセルされるみたい。
リターンとしてチケットを受け取る以外にも、資金調達への応援のみ(リターンなし)もあるみたいです。

達成日まで、あと15日

早く目標達成しないか、毎日チェックしちゃっています。

※1 「組踊」については、2020年8月12日(水)をご覧ください。

勝連グスクから車でちょっと行ったところにある、海中道路からの夕日


6+

コメント

コメントを残す