那覇市久米に「福州園」という庭園があります。
かつて、琉球と中国福建省は、かかわりが深く、久米は福建省からの移住者が多い土地でした。

1992年、那覇と福建省の友好都市10周年と、那覇市市制70周年を記念してこの「福州園」は建てられました。
園内は、中国の伝統的な造園技法を用いて作られていて、中国に行ったことのない私ですが、行った気になる場所です。

人工の滝や、展望台、そう広くはない場所に、数々のものが立ち並んでいます。
まわりは住宅街で、中国式の建物の後ろにマンションが見えたり、その景観がおもしろい。

ただ、肝心の園内の画像があまりないです。(2020年2月に訪れた時の画像)

4月から来年の3月末までの1年間、改修工事のため、閉園するようです。
改装したあとも楽しみですが、今の風情も味わってもらいたい。
まだ行ったことない方は、是非。

6+

コメント

コメントを残す