沖縄が日本復帰(1972年5月15日)した頃、それを記念して、3つの事業がおこなわれました。

それは、植樹祭、若夏国体、沖縄国際海洋博覧会の3つ。

①植樹祭
沖縄南部の糸満市摩文仁は、沖縄戦で最大の激戦地。
焼き払われたこの土地に、植樹することで、緑を取り戻すこと。
平和なふるさとにする願いをこめて植樹祭がおこなわれました。

②若夏国体
復帰の翌年に「強く、明るく、新しく」というスローガンのもと開催されました。
沖縄県選手は、ウエイトリフティングやボクシング等、7種目で優勝したようです。

③沖縄国際海洋博覧会
沖縄北部の本部町(もとぶちょう)で、1975年7月20日から約半年間開催。
テーマは「海ーその望ましい未来」。

みなさんご存知、人気の「美ら海水族館」は、海洋博覧会跡地に出来た公園なんです。

十数年前に知人から譲り受けた沖縄国際海洋博覧会の会場図ハンカチーフ。
そのうち高値がつくかと期待して保管してます。





7+

沖縄宝島のSNSもチェック!

コメント

コメントを残す