首里から中部へいく道「普天間街道」
ここ当山の石畳もその街道の一部だそうです。

坂を下ると、アーチ型の橋があり、上り坂が続きます。

この坂は「うまどぅけーらし」と言われていて
その意味は、「馬が転ぶほどの急勾配な坂」だからだそうです。

国王が、首里から普天満宮に行くときは、この道を通っていっていたんだとか。

浦添大公園からほど近い場所にあります。
鬱蒼と木々が茂るエリアでした。

5+

コメント

コメントを残す